HOME > BOOKS > 一般書ランキング

一般書ランキング BEST10

1位
-
一般書ランキング1位

かがみの孤城

辻村深月  出版社/ポプラ社  価格/¥1,800

不登校の少女が鏡の向こうの世界で出会ったのは――生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。一気読み必至の著者最高傑作。2018年、本屋大賞受賞作です。

2位
-
一般書ランキング2位

友だち幻想

菅野仁  出版社/筑摩書房  価格/¥740

「みんな仲良く」という理念、「私を丸ごと受け入れてくれる人がきっといる」という幻想の中に真の親しさは得られない。人間関係を根本から見直す、実用的社会学の本。

3位
-
一般書ランキング3位

漫画君たちはどう生きるか

吉野源三郎  出版社/マガジンハウス  価格/¥1,300

1937年に出版されて以来、数多くの人に読み継がれてきた、吉野源三郎さんの名作「君たちはどう生きるか」。人間としてどう生きればいいのか、楽しく読んでいるうちに自然と考えるように書かれた本書は、子供はもちろん多くの大人たちにも共感をもって迎えられてきました。人生を見つめ直すきっかけにしてほしい一冊です。

4位 - 極上の孤独 下重暁子 幻冬舎 ¥780 検 索
5位 - いろいろあった人へ 伊集院静 講談社 ¥926 検 索
6位 - かみさまは小学5年生 すみれ サンマ-ク出版 ¥1,200 検 索
7位 - 青くて痛くて脆い 住野よる KADOKAWA ¥1,400 検 索
8位 - 新聞社崩壊 畑尾一知 新潮社 ¥780 検 索
9位 - 魔力の胎動 東野圭吾 KADOKAWA ¥1,500 検 索
10位 - おらおらでひとりいぐも 若竹千佐子 河出書房新社 ¥1,200 検 索
このページの一番上に戻る